So-net無料ブログ作成

愛知県立高校 入学式って知ってます?

運動嫌いな人にもお勧めなのが、

エアリーシェイプネオです。



私も父親も、

今のところ続けています。



と言っても、4日続けて2日休んでまた3日続けて・・・

と毎日必ずってわけじゃないです。



それでも体重は8キロほど減りました。



少しだけ、食事の量を減らしていますが、

もしかしたら、ダイエットシェイク ストロベリー味みたいなものに

1食変えたら、もっといいのかも。



お菓子も普通に食べてます。



それでも体重はキープできているし、

少しずつですが減ってきてます!



ただ、脇腹

が少し痛いです。



受験のための塾の費用や交通費はとても高額ですが、受験に合格したら終わりと言うわけではありませんよね。中学受験で合格しても、その後にもたくさんの費用が掛かります。では、具体的にどれくらいの費用がかかるでしょうか。実際に、受験する中学というのは私立中学ですよね。私立中学の入学金は学校によって違うのですが、一般的には10~30万円のケースが多く、特に首都圏をはじめとした大都市部では高額な傾向があります。また、私立中学の場合には、様々な名目での寄付金があり、入学時には入学金とは別途で5~30万円程度が掛かるのが一般的です。そして、入学時には制服代や教材費など、様々な諸経費が掛かり、大体5~10万円程度の覚悟が必要です。ですから、入学時に最低でも25万円程度は必要で、多い場合は50万円以上かかります。入学後も私立の場合は授業料などが高額です。公立中学では、給食費以外に雑費がかかる程度ですが、私立中学では授業料が月々1~3万円程度必要で、やはりこれも大都市部ほど高額になっています。それ以外にも、近隣校区を外れた遠くまで通うケースだと交通費が必要ですし、高校受験や大学受験に備えた塾や家庭教師の費用も必要になるでしょう。それに、私立では給食がない学校が多いため、昼食代、もしくはお弁当が必要になります。以上のことを考えると、塾や家庭教師の金額を別途としても、中学入学から卒業までには、最低でも150万円程度は費用が掛かるはずです。














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。