So-net無料ブログ作成

入園式 幼稚園教育要領なら

みなさま!!

オハヨー





1時にてんぷら定食食べました。

どうでもいいですか?



今日は、まったりしようって

思いました。



理由?特にないです。



今日はなんとなく思った事を書きますね



ちょっと最近、JOBAが

気になっています。



友人買ってないかな?w



高専にも、国立と私立があり、その違いによってかかる費用は大きく変わってきます。費用としては主に入学金、検定料、授業料になりますが、国立高専では金額が一定となっています。授業料は年額で234,600円、入学金は84,600円、検定料金は16,500円です。公立高校の授業料が、年間約12万円であることと比較すると、公立高校より割高になっています。高専では専門分野の知識や技術を学ぶため、特殊な施設が必要であることや実験実習が重要視された授業が行われるため、国立と言えども割高の授業料となっているようです。これ以外にも実費で教科書などの費用が掛かりますが、教材も専門分野の特殊な教材を数多く必要とするため、高校などと比較するとかなり高額です。中には、一冊で五千円くらいするものもあり、年間では4万程度かかる事もあります。私立の場合だと授業料がもっと高額になり、当然各学校によって金額には差があるのですが、入学金がおおよそ17万円程度、授業料が年間40万円程度、その他諸経費などが10万円程度となっています。学校によっては年間の授業料が80万円という年度もあるようですから、受験の前にかかる費用をよく確かめた方がいいかもしれません。ただ、高専では大学受験のための塾や予備校費用がかからず、寮が完備されているケースが多いので、一人暮らしで仕送りを送ってもらうことを考えると、かなり格安で学生生活が送れます。寮生活にかかる費用は、食費込みで5万円弱で足りると言われています。














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。